ホーム > 乳がん下着は手術の仕方で使用タイプが違う

乳がん下着は手術の仕方で使用タイプが違う

乳がんは全摘出、温存、再建手術と患者さんによって、その手術内容が異なります。
乳がん下着は、まず正しいサイズを必ず確認していただく事が第一ですが、さらに同じサイズの方でも乳房の形は十人十色であるため、人によって乳房の形は違います。下着の専門店アンの専門販売員とご相談の上、お買求めいただく事をおすすめします。

こちらでは、アンで販売している乳がん下着の中からいくつかのタイプをご紹介します。

前開きブラジャー

乳がんの手術後すぐの頃は、傷の痛みがあるため腕の上げ下げが辛いです。そのようなときに簡単に着脱できるのが、前開きブラジャーになります。ホックが背中側ではなくフロント部分についているので、無理なくブラジャーを着脱できます。また、このタイプのブラジャーはパットの取り外しも自由なので、全摘術後ブラジャーとしてはもちろん、温存術後ブラジャーとしてもご使用いただけます。

カップ付タンクトップ

ブラジャーの締めつけが痛いという場合には、カップ付タンクトップがおすすめです。アンのカップ付タンクトップは、とても着やすく肌になじむニットシルク編立ですので、術後で敏感になっている肌でも安心して着る事ができます。また、厚地シルクで透けないため、このままアウターとしてもご利用なれます。これと似たタイプとして、カップ付キャミソールもあります。

乳がん用スポーツブラ

手術の前後は色々と制限される事が多く、ストレスが溜まってしまう方も多いです。体力が回復したら、散歩や運動で気持よくストレスを発散してみませんか。乳がん用スポーツブラは、肩ひもが落ちにくく、腕も動かしやすいのでスポーツ時に最適です。

綿混アンダーメッシュブラジャー

乳がんの手術をした事で、乳房の形が崩れてしまう事があります。フルストレッチの綿混アンダーメッシュブラジャーは、乳房全体を優しく包み込み、自然な形を表現してくれます。綿混アンダーメッシュブラジャーは、全適用・温存用・再建用全てに対応しています。

下着の専門店アンは、乳がん用下着を専門に取り扱う専門店です。乳がんブラジャーをはじめ、乳がん用パットも種類豊富にご用意しております。アンでは、パット受けの無いブラジャーにパットを入れられるよう、ポケット加工する事も可能です。 通販サイトではわかり易いよう、乳がんブラジャー、乳がんパットはサブカテゴリーがありますので、自分の体型や手術内容に合わせてお選びいただけます。

商品検索

グループから探す

モバイルショップ



【営業日】
★インターネットでのご注文は年中無休・24時間お受けします。
土日・祝日・オレンジカラーの日はメール返信・発送はお休みさせて頂きます。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
             

グループから探す